カウンセラーの選び方

グリーンのいすの待合室

カウンセリングを受けたいと考えても近くにカウンセラーがいなかったり、もしカウンセラーがいたとしても怪しくないかと思い、受けようを思っても躊躇してしまう人は多くいたりします。なので、どのようにしてカウンセラーを選べば良いのか、何を基準にして選べば良いのか、その方法を知ることでカウンセリングを受けやすくなるかもしれません。まず、良いカウンセラーを選ぶためには、そのカウンセラーがどのような資格を得ているかを調べると良いです。よく知られている資格では臨床心理士や産業カウンセラーというものがあります。そのほか大学で必要単位を取得して得る認定心理士という資格もありますが、おおよそ、それらの資格を得ているカウンセラーはカウンセリングについてちゃんと学んでいることがあります。

しかし、たとえよく知られている資格を得たカウンセラーと出会っても、カウンセラーも人間なので、自分と合わないと感じることがあり、カウンセリングを受けた人のなかではあまりにカウンセラーと馬が合わないためにより精神的な苦痛を感じてしまうこともありますので、そのような場合は無理に続ける必要はなく、また別のカウンセラーを探してカウンセリングを受けたほうが精神的にも良いものです。カウンセラーはちゃんと納得できるように話してくれる人か、料金設定ははっきりしているか、安心できる相手か、カウンセリングを受けてしっくりくるカウンセラーなのかどうか、やはり相性があります。違和感があれば、本当に無理して通う必要はないのです。